三笘薫のサンジロワーズが東京五輪代表の鹿島DF町田浩樹を獲得へ「欧州でも注目されている」

2021年12月27日 13時32分

サンジロワーズが獲得に動く町田浩樹
サンジロワーズが獲得に動く町田浩樹

 ベルギー1部で日本代表MF三笘薫(24)の所属するサンジロワーズが東京五輪に出場したDF町田浩樹(24)の獲得に乗り出しているようだ。同国メディア「WALFOOT」が伝えている。

 鹿島の下部組織出身で身長190センチと大型DFの町田は東京五輪にも出場し、日本のベスト4入りに貢献した。珍しい左利きのセンターバックとして注目される中、左サイドバックでもプレーするユーティリティーな選手で今季はリーグ34試合に出場し、5得点をマークするなど、高い得点力を示している。

 同メディアは「サンジロワーズに近い日本人ディフェンダー」との見出しで「サンジロワーズは冬の移籍を準備している。鹿島に所属するDF町田浩樹に目を向けている。今季のJ1で最高のディフェンダーと見なされており、欧州でも注目されていた。サンジロワーズは三笘に加えて2人目の日本選手を保有することができる」と報じた。

 来年1月解禁となる冬の移籍市場に向けては日本代表FW古橋亨梧(26)の所属するスコットランド・プレミアリーグのセルティックがリストアップしていると報じられていたが、ベルギー行きが濃厚なようだ。

関連タグ: