ウェストハムがFWエデン・アザールに獲得オファー Rマドリードは移籍金64億円を要求

2021年12月10日 11時36分

R・マドリードのアザール(ロイター)
R・マドリードのアザール(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのウェストハムがスペイン1部レアル・マドリードのベルギー代表FWエデン・アザール(30)の獲得に乗り出していると、スペインメディア「エル・ナシオナル」が伝えている。

 アザールは2019年にイングランド・プレミアリーグのチェルシーから移籍金1億2000万ユーロ(約153億6000万円)でRマドリード入りするも、ここまで相次ぐ負傷などにより期待されたパフォーマンスを発揮できていない。すでにチェルシーや同リーグのニューカスルが来年1月の獲得へ意欲を示し、Rマドリードも放出に前向きと各メディアで伝えられている。

 そんな中、同メディアによると、ウェストハムが来季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)出場権(リーグ4位以内)を獲得するための切り札としてアザールの獲得に動き、Rマドリードに正式オファーを出したという。ただ、提示された移籍金2500万ユーロ(約32億円)と低額だったため、Rマドリードが拒否したと伝えている。

 同紙は「(ウェストハム監督の)デービッド・モイーズの提案は却下された。Rマドリードは少なくとも5000万ユーロ(約64億円)を要求しているため不十分。ただ、まだ時間はある」と報じ、今後、ウェストハムや他クラブの動向に注目していた。

関連タグ: