堂安が1ゴール1アシストの大活躍で今後レギュラー定着へ

2021年12月05日 14時50分

堂安律(東スポWeb)
堂安律(東スポWeb)

 オランダ1部PSVアイントホーフェンの日本代表MF堂安律(23)が4日のユトレヒト戦で1ゴール1アシストの大活躍を見せ、今後は名門でレギュラーに定着しそうだ。

 堂安はスタメンで出場すると、後半6分に右サイドでパスを受けて素早く一人をかわし左足で強烈なシュートをニアサイドに突き刺した。チーム4点目のアシストもマークし、4―1の勝利に大きく貢献する活躍を見せた。

 今季3点目をマークした堂安はシーズン序盤こそ控え扱いだったが徐々に出場機会を高めており、今回の大暴れでロジャー・シュミット監督の信頼をがっちりつかんだようだ。

 オランダメディア「VI」は「最初はあまりプレーしていなかった律、FWブルマ、MFマウロ・ジュニオール、MFエリック・グティエレスのようなプレーヤーが、今では非常に良いレベルに達している。最近多くの試合でプレーしており、チームにとって重要だ。シュミット監督は自らの選択に満足している」と指摘。指揮官は現在のチームの中軸として堂安を考えており、レギュラーを〝確約〟して後半戦に臨むことになりそうだ。

 オランダ屈指の名門で自信を付けた堂安が、森保ジャパンでの活躍にも期待が高まる。

関連タグ: