CLで大活躍中のC・ロナウドの不名誉記録とは? SNS上でも〝交代論〟巻き起こる

2021年11月25日 13時18分

C・ロナウド(ロイター)
C・ロナウド(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)が不名誉記録を指摘されている。

 マンチェスターUに復帰した今季も欧州チャンピオンズリーグ(CL)で無双級の活躍。23日に行われた1次リーグのビリャレアル戦で先制点を挙げ、2―0の勝利に貢献した。これでCL開幕から5戦連続弾となり、チームを決勝トーナメントに導いた。ただ、英メディア「スコーカ」によると、そんなプレーの数々の陰に隠れてはいるが、ビリャレアル戦でのFK失敗でCLにおけるFK未成功が34連続となってしまったのだ。最後に成功されたのは2016年9月までさかのぼる。

 強烈な無回転FKをたたき込んでいた印象が強いものの、それは過去のことになっていた。ビリャレアル戦のFK失敗がいとも簡単に壁に当たってしまう残念な光景だったこともあり、現地ファンもSNS上で「C・ロナウドは2021年になってもまだFKを蹴っているのか。誰かほかのキッカーに交代させた方がいいのでは」などと指摘されている。C・ロナウドは今後もセットプレーのキッカーという地位を守り続けることができるのか。

関連タグ:

ピックアップ