ベンゼマが〝セックステープ脅迫問題〟で有罪判決 裁判の行方次第で収監の可能性も

2021年11月24日 20時29分

有罪判決を受けたカリム・ベンゼマ(ロイター)
有罪判決を受けたカリム・ベンゼマ(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(33)が、代表追放のきっかけとなった〝セックステープ問題〟で有罪判決を受けた。

 ラジオ局「RMC」などフランスメディアが一斉に報道したところによると、ベンゼマは裁判所から1年間の執行猶予付きの懲役刑および罰金7万5000ユーロ(約970万円)の支払いを命じられた。

 この事件は2015年に、ベンゼマがフランス代表で同僚だったMFマテュー・バルブエナ(現オリンピアコス)が性行為の動画によって恐喝された事件への関与が浮上し、警察に逮捕された。ベンゼマは関与を否定し続けているが、24日に下された判決では「脅迫行為のすべてを把握していたわけではないが、計画に参加して目的を果たすため共謀した」として実刑判決が下った。

 ベンゼマが代表を追放されるきっかけとなった一件だけに、今後再び代表チームを追われる可能性もあるが、フランスサッカー連盟はベンゼマ側が控訴する方針を踏まえて現状では「招集への扉は開かれている」との方針を表明。ただ裁判の行方次第で収監される可能性もあり、ベンゼマのサッカー人生が大きな岐路を迎えた。

関連タグ:
 

ピックアップ