なでしこ岩渕真奈のSNS投稿を一部アーセナルサポが批判 ツイート削除→謝罪

2021年11月21日 22時42分

岩渕真奈(東スポWeb)
岩渕真奈(東スポWeb)

 20日に行われたイングランドプレミアリーグのリバプール―アーセナル戦に関する、なでしこジャパンFW岩渕真奈(28=アーセナル)のツイッター投稿が思わぬ反感を買ってしまった。

 リバプールのMF南野拓実、アーセナルのDF冨安健洋の日本人対決となった一戦に岩渕も注目。自身のツイッターに「ラムズデールからのコーナーからのとみくんヘディングなーいす」とコメントをアップし、0―4の敗戦後には泣き顔の絵文字とともに「0―4」と大敗を悲しんだ。そんな試合中に南野のゴールを祝福するツイートもしたが、アーセナルに所属する身とあって一部ファンから批判が寄せられてしまったのだ。

 そのため岩渕は当該投稿を削除し、「誤解を生んでたらごめんなさい。もちろん応援しているのはアーセナルです。同じ日本人の南野くんも応援しているだけで軽率でした。おわび申し上げます」とツイッターで謝罪。しかし「マナは謝る必要はない」や「同じ日本人がゴールしてうれしい気持ちはわかる」などと現地でも擁護のコメントが多数あった。過敏に反応したのは一部だったようだ。

関連タグ:

ピックアップ