メッシ 来夏のPSG電撃退団浮上 家族が望むバルセロナ復帰には “障壁”

2021年11月15日 22時08分

どことなく元気がない?メッシ(ロイター)
どことなく元気がない?メッシ(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(34)が来夏に電撃退団する可能性が浮上している。

 メッシは今夏にスペイン1部バルセロナからPSGに移籍し、2年プラス1年延長オプションで契約した。だが、スペインメディア「ミオトラリーガ」は「メッシが爆弾を投下する。彼はPSGとの契約を終了し、フランスを離れることを考えている」と報道。今季限りで退団する可能性が出てきた。

 同メディアは「彼は、試合に非常に悪影響を及ぼしているポチェッティーノ監督の計画に満足していないようだ」と指摘したが、大きな理由を家族のようだ。

「適応できていないのは彼だけではない。彼の家族はパリで快適ではない。彼らは(住む)都市の変化をまったくうまく処理できていないようだ。最悪の時間を過ごすのは彼の妻と長男だろう」と家族がパリでの生活に不満を持っており、それがメッシを悩ませているという。

「彼らは多くの友人がいたバルセロナでの彼の人生を恋しく思っている。そうした状況が彼の契約を終了させ、新しい目的地に向かう道を考えさせているということだ。これは将来に決定的な転換をもたらす可能性がある」と指摘した。

 ただ、バルセロナへの復帰は簡単ではない。

「アルゼンチン選手とジョアン・ラポルタ会長の関係はかなり悪化している。間違いなく彼のバルセロナへの復帰を複雑にしており、彼は別の目的地を見つけなければならないだろう」と退団を巡る騒動から両者の関係は冷えきっており、PSGから移籍する場合は新天地を探すことになりそうだ。

 スーパースターの行方に注目が集まる。

関連タグ:

ピックアップ