去就注目のハーランドの獲得費用が驚がくの高騰 総額約400億円の推測も 海外メディア報道

2021年11月04日 21時54分

エーリングブラウト・ハーランド(ロイター)
エーリングブラウト・ハーランド(ロイター)

 去就が注目されるドイツ1部ドルトムントのノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(21)の獲得費用が仰天の額に膨れ上がっている。

 ハーランドは来夏の移籍が濃厚とされる中、ドイツ紙「ビルト」はスペイン1部レアル・マドリードのドイツ代表MFトニ・クロースの代理人を務めるフォルカー・シュトルート氏によるハーランド獲得資金の見解を報道。「エージェントへの5年間の給与や手数料を含むと、総額はおそらく2億5000万ユーロ(約330億円)から3億ユーロ(約395億円)になると彼は言った」と総額400億円近くなる見通しだ。

 Rマドリード専門メディア「デフェンサセントラル」はその内訳を分析。「ドルトムントに支払われる移籍金の7500万ユーロ(約99億円)、年俸2500万ユーロ(約33億円)から3000万ユーロ(約39億5000万円)の5年契約、そして代理人への手数料などが3000万ユーロから5000万ユーロ(約66億円)になる。2022年に契約を決めるためにはそれくらいの費用がかかる」と指摘した。

 大物ストライカーの評価は青天井で壮絶なマネーゲームに発展してきた。

関連タグ:

ピックアップ