【欧州CL】リバプールが4連勝で決勝トーナメント進出! 南野はMFで途中出場もノーゴール

2021年11月04日 12時12分

歓喜のリバプールファン(ロイター)
歓喜のリバプールファン(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節(3日=日本時間4日)、B組のリバプール(イングランド)はホームでアトレチコ・マドリード(スペイン)に2―0で快勝した。

 リバプールは前半13分に右からファーサイドへのクロスにポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタが合わせて先制すると、21分にはセネガル代表FWサディオ・マネが追加点をマーク。その後もAマドリードが退場者を出したことから優位に試合を進めた。日本代表MF南野拓実は後半33分からMFで出場し、無得点だったが、チームは最後までAマドリードの猛攻を防ぎ、〝死の組〟と言われた難敵ぞろいのグループで4連勝。16強で争う決勝トーナメント進出を決めた。

 ユルゲン・クロップ監督は「試合は完璧で望んでいた通りになった」とし「(2アシストした)トレント(アレクサンダーアーノルド)からのボールは2つとも信じられないものだった。サディオのゴールは素晴らしかった。ペナルティーエリア内で適切なポジショニングをしてフィニッシュできる」とイレブンを絶賛していた。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ