【欧州CL】FWベンゼマの2ゴールで快勝 レアルがCL通算1000ゴールを達成

2021年11月04日 12時06分

ベンゼマ(ロイター)
ベンゼマ(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節(3日=日本時間4日)、D組のレアル・マドリード(スペイン)はホームでシャフタール・ドネツク(ウクライナ)に2―1で勝利し、グループ首位に浮上した。

 前回の対戦で5―0と圧勝したRマドリードは序盤から優位に試合を進めると、前半14分にFWビニシウス(21)が奪取したボールを前線に供給。これをゴール前で受けたフランス代表FWカリム・ベンゼマ(33)が冷静に決めて先制した。このゴールはクラブにとってCL通算1000ゴール目となるメモリアル弾。39分に失点を許したものの、迎えた後半16分に再びベンゼマが追加点をマークし、そのまま勝ち点3をゲットした。

 ベンゼマは「ボクらにとって難しい試合だった。毎回、いい内容のゲームができるわけじゃない。第1戦のように簡単ではなかったが、ボクらは勝てた」と振り返り、今季国内リーグ10試合9得点、CL4試合4得点と絶好調なことに「2度目の青春かどうかわからないが、毎回プレーを楽しんでいるし、チームを助けるためにプレーしている」と語った。

 史上最多となる14度目のCL制覇に向けてベテランストライカーがチームをけん引していくはずだ。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ