【欧州CL】26年ぶり王座奪回目指すユベントスが4連勝で決勝T進出

2021年11月03日 12時25分

パウロ・ディバラのゴールパフォーマンス(ロイター)
パウロ・ディバラのゴールパフォーマンス(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグの1次リーグ第4節が2日に行われ、H組のユベントス(イタリア)がゼニト(ロシア)戦で4―2と快勝し、開幕4連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

 国内リーグ戦では現在9位と低迷するユベントスだが、欧州の舞台で息を吹き返している。エースのFWパウロ・ディバラが先制ゴールを含む2得点の大活躍で勝利をけん引。圧倒的な強さで早々と1次リーグ突破を果たした。

 イタリアの名門が狙うのは26年ぶりの欧州制覇。その大目標に向けた動きも活発化してきた。

 イタリア紙「ガゼッタデロスポルト」は「マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバは、パリ・サンジェルマンとレアル・マドリード両チームからの関心にもかかわらず、ユベントスに戻ることを好む」と報道。かつてチームの絶対的な大黒柱として黄金時代を築いたスターが、来年1月の移籍市場で古巣に復帰することを望んでいるのだ。

 ポグバが復帰すればチーム力の大幅アップは間違いない。名門が欧州王座へ本気で動き出そうとしている。

関連タグ:

ピックアップ