PSGと大型契約もいまだ出場なしセルヒオラモス チーム崩壊を避けるためにクビ秒読み

2021年11月01日 15時56分

PSG入団時には笑顔だったセルヒオラモスだが…(ロイター)
PSG入団時には笑顔だったセルヒオラモスだが…(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が、今夏に大型契約で加入しながら欠場が続くスペイン代表DFセルヒオラモス(35)の契約解除を検討し始めた。

 セルヒオラモスは年俸1200万ユーロ(約16億円)の2年契約で大きな期待を集めて入団したが、ふくらはぎの負傷などの影響で加入以来いまだにピッチに立てず、復帰のめども立っていない。

 そうした中でフランス紙「パリジャン」は「PSGがセルヒオラモスとの契約を解除することを検討している」と解雇へ向けて本格的に動き始めたと報じた。

 違約金を払って即時の契約解除もありえるが、まずは来年1月の移籍市場での放出を視野に入れている。鳴り物入りで入団しながら放出が濃厚となった背景には、チーム内でセルヒオラモスに対する風当たりが強まっており、選手内で不満が爆発。複数選手がクラブ首脳陣に放出を直訴する動きが出ており、内紛に発展する可能性が出ていた。

 クラブとしてはチーム崩壊を避けるため、セルヒオラモスのクビを決断しようとしている。

 世界的スターの去就に注目が集まる。

関連タグ:

ピックアップ