アーセナルで〝出場すれば負けなし〟の冨安がCBに緊急コンバートへ ホワイトが体調不良

2021年10月30日 12時38分

冨安が出れば負けない(ロイター)
冨安が出れば負けない(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのアーセナルは所属する日本代表DF冨安健洋(22)を本職のセンターバック(CB)で起用する可能性があると、英メディア「フットボール・ロンドン」が伝えている。

 アーセナルのミケル・アルテタ監督は30日のレスター戦を前に、CBを務めるDFベン・ホワイトが体調不良に陥っていることを明かし「ちょっとした病気で腹痛などのようなものだ。うまくいけば、みんな問題なくなるはずだ」とし「ホワイトはまだトレーニングに参加していない。彼がどのような感じなのかを待ち、決断を下す必要がある」とコメントした。

 同メディアによると、ホワイトをレスター戦で起用できない場合、DFガブリエルとCBでコンビを組むパートナーとして「冨安をセンターバックとして起用する可能性がある」という。

 冨安は今季アーセナルに加入後、右サイドバックとして起用され、イングランド・プレミアリーグでも評価を高めているが、もともとは日本代表でも務めているCBが本職。緊急コンバートとはいえ、プレーしなれたポジションだけに大きな不安はないはずだ。

 アーセナルは冨安が出場した試合は6戦負けなし(4勝2分け)と絶好調。それだけにCB起用でも記録を伸ばせるのか、注目される。

関連タグ:
 

ピックアップ