セルティック・古橋亨梧 復帰後初ゴールはまさかの “おっぱい弾”

2021年10月03日 20時30分

セルティック・古橋(ロイター)
セルティック・古橋(ロイター)

 スコットランド1部セルティックの日本代表FW古橋亨梧(26)が〝おっぱい弾〟で負傷から復帰後初ゴールを決めた。

 古橋は9月7日の中国戦で右ひざを負傷後、同30日に欧州リーグ(EL)1次リーグのレバークーゼン(ドイツ)戦で復帰。そして3日に行われたリーグ戦のアバディーン戦で1トップでスタメン出場すると、0―0で迎えた前半12分に右サイドからのクロスに合わせて絶妙なタイミングでゴール前へ侵入。ダイレクトで胸を突き出すように合わせてゴールネットを揺らした。胸で強烈なシュートを突き刺す珍しい形のゴールで、見事に先制ゴールを奪った。

 古橋はカタールW杯アジア最終予選のヤマ場となる7日のサウジアラビア戦(ジッダ)、12日のオーストラリア戦(埼玉)に向けて森保ジャパンに追加招集されたばかり。強豪との2連戦を前に絶好調をアピールし、日本の救世主としてますます期待が高まりそうだ。

関連タグ:

ピックアップ