PSG 退団濃厚のエムバペに“最後のお願い” 驚愕ボーナス付きオファーの中身

2021年10月01日 20時38分

去就が注目されているエムバペ(ロイター)
去就が注目されているエムバペ(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が、来夏で契約が切れる同国代表FWキリアン・エムバペ(22)に対して残留へ向けて〝最後のお願い〟だ。

 エムバペを巡っては契約が切れる来夏の退団が既定路線だが、PSG側は契約延長のために何度も破格のオファーを提示してきた。そうした中、スペインの移籍専門メディア「トードフィチャージェス」はPSGがとんでもない額の〝最終オファー〟を提示したと報じた。

「エムバペにシーズンあたり手取りで5000万ユーロ(約65億円)に達する報酬、さらに1億ユーロ(約129億円)の契約更新ボーナスを付ける。フランスのチームはこのオペレーションを新しい署名であるかのように扱う。これは彼らが到達できる最大値であり、エムバペを世界で最も高給取りのサッカー選手にする」と指摘。年俸は額面で1億5000万ユーロ(約194億円)になる破格条件で、さらに〝更新料〟として1億ユーロまで上乗せするというのだから前代未聞のメガオファーと言えるだろう。

 もちろんPSGとしてはこれ以上金額を上乗せるすることは不可能。「このオファーが最終的なものになる可能性がある」とまさに最後のオファーとなりそうだ。

 同メディアは今後の展開について「エムバペはオファーを受け入れて更新するか、レアル・マドリードでプレーすることに賭けるかを決定する必要がある。選手側の考えは契約延長してもあまり長い契約を結ばないことで3シーズンの契約としたうえで、解除条項を付けることもPSG側に納得させることになる」との見解を示した。

 憧れのクラブを選ぶか、それともカネを選ぶのか。最強ストライカーが岐路に立たされている。

関連タグ:
 

ピックアップ