【欧州CL】C・ロナウド終了間際に決勝弾! カシージャス超えのCL通算178試合出場に花

2021年09月30日 09時10分

ユニホームを脱ぎ捨て、歓声に応えるC・ロナウド(ロイター)
ユニホームを脱ぎ捨て、歓声に応えるC・ロナウド(ロイター)

【英マンチェスター29日(日本時間30日)発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグF組でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)がホームのビリャレアル(スペイン)戦で劇的な決勝ゴールを決めた。

 1―1で迎えた後半アディショナルタイムの50分、C・ロナウドが左サイドからのクロスを頭で落とすと、FWジェシー・リンガードがワンタッチで戻したボールをゴールに流し込み、土壇場でチームを2―1の勝利に導いた。マンチェスターUはCL初戦でヤングボーイズ(スイス)に敗れており、今季CL初勝利とともに昨季の欧州リーグ(EL)決勝で敗れた難敵にリベンジを果たした。

 この試合でC・ロナウドは18歳だった2003年にCL初出場を果たして以来、通算178試合出場とし、歴代出場記録で並んでいたスペイン1部レアル・マドリードなどで活躍したGKイケル・カシージャスを超え、単独トップに立った。また、自身が保持するCL最多ゴール記録を136に伸ばし、勝利に花を添えた。

 C・ロナウドは今夏にイタリア1部ユベントスから12年ぶりにマンチェスターUへ電撃復帰して以降、絶好調。08―09年シーズン以来となるビッグイヤー獲得に向けてチームをけん引していくはずだ。

関連タグ:
 

ピックアップ