【欧州CL】リバプール5得点で圧勝 南野は今季CL初出場も見せ場なし

2021年09月29日 11時10分

南野拓実(ロイター)
南野拓実(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグB組で日本代表MF南野拓実(26)の所属するリバプール(イングランド)は28日(日本時間29日)、敵地でポルト(ポルトガル)に5―1で勝利し、2連勝となった。

 前半18分にエースのエジプト代表FWモハメド・サラーのゴールで先制すると、45分にセネガル代表FWサディオ・マネの追加点でリードを広げた。後半も15分にサラーがこの日、2ゴール目をマークし、32、36分にブラジル代表FWロベルト・フィルミノが得点し、アウェーで圧勝した。

 後半22分には10月3日のイングランド・プレミアリーグで昨季王者のマンチェスター・シティーと対戦を控えているため、ユルゲン・クロップ監督は主力のサラーやマネらを交代し、南野らを投入。しかし、今季CL初出場となった南野は左FWとしてプレーしたものの、ほとんどボールに絡めず、見せ場はつくれなかった。

 クロップ監督は「サッカーで最も重要なのは結果。パフォーマンスも多くの局面で良かった」と話し、チームの大勝を喜んでいた。

関連タグ:

ピックアップ