レアルが18歳の〝神の子〟ドイツ代表FWビルツ獲得に本腰! 久保の去就に影響も

2021年09月26日 17時20分

今季早くも4ゴール4アシストと大活躍するフロリアン・ビルツ(ロイター)
今季早くも4ゴール4アシストと大活躍するフロリアン・ビルツ(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードが今季大ブレークしているドイツ代表FWフロリアン・ビルツ(18=レバークーゼン)の獲得に乗り出す。

 ビルツは今季早くも4ゴール4アシストと大活躍。さらにドイツ代表デビューとなった5日のW杯欧州予選アルメニアではいきなりアシストをマークするなど旋風を巻き起こしている。

 欧州サッカー界の話題をさらっている〝神の子〟に、Rマドリードが来夏の獲得へ向けて本腰を入れ始めた。

 スペインの移籍専門メディア「フィチャージェスネット」は「Rマドリードが来季にビルツを獲得することを目指している。フロレンティーノ・ペレス会長が大好きなタイプであるため、彼をしっかりとフォローしている。彼は世代を超えた才能であり、今後10年間トップクラブに変化をもたらす可能性がある」と名門がビルツ獲得に乗り出したと報じた。

 ただ、すでにイングランド・プレミアリーグのアーセナル、トットナム、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンなどが獲得へ動いており、ビッグクラブによる争奪戦に発展する見込み。さらに移籍金も「MFカイ・ハフェルツ(チェルシー)の移籍金(8000万ポンド=約121億円)よりも高くなる可能性がある」と急激に高騰しそうで壮絶なマネーゲームになりそうだ。

 欧州で大注目のスーパースター候補がRマドリード加入となれば、MF久保建英(20=マジョルカ)の去就にも影響することもあり、今後大きな注目が集まりそうだ。

【関連記事】

関連タグ: