C・ロナウドの「マンUユニホーム」販売12時間で約50億円売り上げの新記録

2021年09月05日 15時18分

マンUに復帰したポルトガル代表C・ロナウド(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに電撃復帰したポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36)のユニホームが驚異的な売り上げを記録している。

 米放送局「FOX」オーストラリア版は「ロナウドのユナイテッドの7番ジャージーの販売が、リリース後12時間でプレミアリーグの記録を打ち破った」と報道。販売開始後12時間で3250万ポンド(約50億円)の売り上げを記録し、プレミアリーグにおける選手のレプリカユニホームの販売記録を更新した。

「驚異的な数字は、彼がすでにプレミアリーグの選手の中で〝最も売れている〟ことを意味する」とその人気ぶりを驚きとともに報じた。

「ユナイテッドと公式キットメーカーのアディダスは需要に追いつくのに苦労しており、公式クラブのウェブサイトでは、すべてのジャージーは10月1日まで出荷されないと記されている。他の英国の販売業者も、オンラインでも直接販売でも広範囲にわたりジャージーが売り切れている」と指摘した。

 ただ一方で、爆発的な売り上げもクラブには〝実入り〟が少ないという。

「ユナイテッドの推定の取り分は多くても6・25%、少ない場合は販売価格の約4・5%とみられる。これだけの売り上げでも、約180万ポンド(約2億7000万円)だろう」と同局は予測。ユニホームを供給するアディダス社が大部分の収益を手にする契約を結んでいるため、マンチェスターU側がロナウド獲得の資金を回収するにはまだまだ時間がかかると分析した。

 ロナウドは11日のニューカッスル戦での再デビューが見込まれる中、早くもスーパースターの〝実力〟を見せつけている。

関連タグ: