【W杯欧州予選】スペインが28年ぶり敗戦でW杯予選無敗記録は66でストップ

2021年09月03日 13時57分

連勝記録がストップしたスペインチーム(ロイター)

 2022年カタールW杯欧州予選は2日(日本時間3日)、各地で行われ、B組のスペインはスウェーデンに1―2で敗れ、1993年から続いていたW杯予選の無敗記録が「66」でストップした。

 これで1試合消化が少ない首位スウェーデンと勝ち点差2の2位となり、英「BBC」は「プレーオフに回る可能性もある」と指摘する。74年大会の予選敗退以降、全てのW杯に出場して生きたが、カタール大会出場に向けて不安もささやかれており、スペイン紙「アス」は「赤い警報」との見出しを掲げ「良い兆候ではない」「W杯への道を複雑にした」と報じている。

 C組で欧州選手権を制したイタリアはブルガリアに1―1で引き分けて3勝1分けとなった。国際試合35戦無敗とし、スペインの持つ欧州記録に並んだ。E組のベルギーはエストニアに5―2で快勝。J組のドイツはリヒテンシュタインを2―0で勝利し、2位に浮上した。I組のイングランドはハンガリーに4―0で快勝し4連勝とした。

関連タグ: