ベンゼマが〝弟分〟エムバペのレアル入りを熱望「彼と一緒にプレーしたい」

2021年09月02日 17時17分

カリム・ベンゼマ(ロイター)

 スペイン1部レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマ(33)が、同胞で親交が深いFWキリアン・エムバペ(22、パリ・サンジェルマン=PSG)の来夏移籍を熱望した。

 エムバペを巡ってはRマドリードとPSGの間で交渉がまとまらず今季は残留となったが、来夏フリーでの移籍が有力視されている。

 そうした中、Rマドリードのエースのベンゼマがフランス代表で盟友関係にあるエムバペの来夏加入を断言した。

 フランスの放送局「RTL」は「ベンゼマが『エムバペはいつかRマドリードでプレーする』と語った」と報道。1日に行われたフランス代表のカタールW杯欧州予選ボスニアヘルツェゴビナ戦後にエムバペに関して激白した様子を伝えた。

「彼はRマドリードでプレーすべき選手だ。私たちは本当に仲良くしている。マドリードで彼と一緒にプレーしたい」とエムバペとの共闘を熱望したという。

 Rマドリードでエースとして君臨するベンゼマは、2023年夏まで契約延長したばかり。エムバペが来夏加入すればフランス代表コンビの結成が実現するだけに、大きな注目が集まる。

関連タグ: