移籍後初先発の久保建英を監督絶賛 今後は〝王様起用〟へ

2021年08月22日 10時37分

久保建英
久保建英

 スペイン1部マジョルカのMF久保建英(20)が移籍後初先発で活躍し、指揮官が大絶賛だ。

 久保は21日に行われたアラベス戦で加入後初めてスタメンで起用され、得意とするトップ下のポジションで躍動。後半43分までプレーし、1―0の勝利に大きく貢献した。

 アウェーで勝ち点3を得る大きな白星の立役者となった久保をルイス・ガルシア監督(43)は高評価。「私は彼にとても満足している。彼はもっと野心を持つ必要があり、より多くのエリアでプレーしてほしい。私は幸せで、彼は私たちに多くのものを与えてくれるだろう」と最大級の賛辞の言葉を並べた。

「タケ(久保)のことを誰もが知っている。それがいいことだ」と2019―20年シーズンに所属していたこともあり、周囲との連係もバッチリとご満悦だ。

 久保が本来得意としてきたトップ下で初先発し、強烈なインパクトを残したことで今後はチームの〝王様〟として君臨することになりそう。今季の大活躍に期待大だ。

関連タグ: