PSGがエムバペにメッシ超え「年俸48億円」で残留猛プッシュ

2021年08月18日 19時35分

去就が注目されるエムバペ(ロイター)
去就が注目されるエムバペ(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)が、去就が注目される同国代表FWキリアン・エムバペ(22)に〝メッシ超え〟の世界最高額オファーで残留を猛プッシュしている。

 今季限りで契約が切れるエムバペを巡っては、来夏フリーでスペイン1部レアル・マドリードに移籍する可能性が高まっており、PSGとの残留交渉は進んでいない。
 そうした中、エースを引き留めるためについにPSGが仰天オファーを提示した。

 スペインの移籍専門メディア「フィチャージェスネット」は「エムバペをRマドリードから遠ざけるためにPSGが〝メガ契約〟だ。パルクデプランス(本拠地)でプレーを続けることを決定するための重要な経済的理由がある」と報道した。

「エムバペに年間3600万ユーロ(約48億円)の純額(税引き後)となるオファーをテーブルに置くことをいとわない」とPSG側は超破格オファーを提示。メッシの年俸3500万ユーロを上回る条件で、最大限の誠意を見せた格好だ。

 同メディアは「22歳の選手にとって、事実上あらがえないオファーだ」と指摘。Rマドリード移籍に傾きつつあったエムバペを心変わりさせるべく、PSGが自慢の資金力を投入して勝負をかけてきた。

 世界が注目するスターストライカーの決断に注目が集まる。

関連タグ:

ピックアップ