元イタリア代表FWカッサーノにAV出演が浮上?! 過去にもオファーされていた

2021年07月05日 18時13分

 元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ氏(38)にAV出演オファーが届いていたと英紙「デーリー・スター」が伝えている。

 カッサーノは10代のころから将来を期待されたストライカー。17歳だった1999年に地元のバーリでプロデビューを果たし、大活躍。その後、スペイン1部レアル・マドリードやイタリア1部ACミランなど、数々のビッグクラブでプレーした。その一方、素行が良くなく〝悪童〟と呼ばれるなど、問題児としても知られている。

 同紙によると、ジュニアサイズ24センチを誇る〝イタリアの種馬〟ポルノ男優ロッコ・シフレディ氏(57)は2017年1月にイタリア1部サンプドリアを退団し、引退すると報じられていたカッサーノ氏に対し、自身が監督を務めるポルノ映画の出演をオファーしていたという。

 カッサーノは20代前半までに600~700人の女性とベットをともにしたと明かしていたことから出演を要請。これまで男優、監督として約900本以上のAVにかかわってきたシフレディ氏は「カッサーノはたくさんの女性と〝一緒にいた〟と何度か言ったので、私の提案は問題ではなかったと思う」と、当時を振り返った。

 ただ、カッサーノ氏はこのオファーを断り、現役選手を続けることを選択。17年7月にベローナに移籍もわずか2週間で契約解除し、そのままフェードアウトした。現在、ルーマニアのブカレストに滞在中のシフレディ氏は同紙に「すぐに私の映画の一つにカッサーノを出演させたい。彼はナンバーワン。彼を待っているんだ」とし、近い将来、再びオファーを出す構えという。

 これまで数々の問題を起こしてきたイタリアのトラブルメーカーが男優デビューする日が近いうちにやってくるのかもしれない。

関連タグ:
 

ピックアップ