ハメス・ロドリゲスがRマドリードに復帰か アンチェロッティ新監督が熱望

2021年06月20日 13時58分

ハメス・ロドリゲス
ハメス・ロドリゲス

 イングランド・プレミアリーグのエバートンに所属するコロンビア代表FWハメス・ロドリゲス(29)がスペイン1部レアル・マドリードに復帰する可能性が浮上したと、コロンビアメディア「Gоl Caracоl」が報じた。

 同メディアによると、Rマドリードの新監督に就任したカルロ・アンチェロッティ氏(62)がドイツ1部バイエルン・ミュンヘンやエバートンの指揮官時代に指導したハメス・ロドリゲスの獲得を熱望しており、フロレンティーノ・ペレス会長も年俸の減額に応じれば、受け入れる意向を示しているという。

 ハメス・ロドリゲスは高い決定力を誇る司令塔で2014年夏に移籍金8000万ユーロ(約104億円)でRマドリードへ加入。しかし、前任のジネディーヌ・ジダン監督(48)時代にはチーム構想から外れ、Bミュンヘンへのレンタル移籍(2季)を経て昨オフにエバートンに完全移籍し、リーグ26試合6得点をマークしている。

 エバートンの契約は2022年6月末までとなっており、移籍金は推定2000万ユーロ(約26億円)とみられているが、新指揮官が熱望する即戦力の古巣復帰は実現するだろうか。

関連タグ:

ピックアップ