【欧州選手権】25年ぶりの〝英国ダービー〟はスコアレスドロー 

2021年06月19日 07時44分

頼みのエースFWケイン(中)も不発だった(ロイター)

 サッカーの欧州選手権第8日(18日=日本時間19日)、優勝候補のD組イングランドはスコットランドとの〝英国ダービー〟で0―0の引き分けに終わり、1勝1分けの勝ち点4となった。スコットランドは同1。

 主要国際大会では25年ぶりの対戦。雨が降りしきる中で立ち上がりからイングランドが主導権を握ったが、前半12分のCKでDFジョン・ストーンズ(27=マンチェスター・シティー)のヘディングシュートは右ポストに嫌われてゴールならず。30分にはゴール前で強烈なシュートを浴びたが、GKジョーダン・ピックフォード(27=エバートン)の好セーブで難を逃れた。

 後半開始直後にはMFメイソン・マウント(22=チェルシー)のミドルシュートでゴールを脅かすも、今度は相手GKのビッグセーブでスコアを動かせず。終盤にはMFグリーリッシュ、FWラッシュフォードを投入して攻撃陣を活性化させたが1点が遠く、スコアレスのまま終了のホイッスルを聞いた。

 イングランドの1次リーグ突破は最終節までお預け。一方のスコットランドは今大会初の勝ち点獲得で決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

関連タグ: