フェルナンドトーレス氏の現役復帰宣言は “ウソ” おもちゃ専門店のPRだった 

2021年05月29日 00時09分

フェルナンドトーレス氏

 J1鳥栖にも所属していた〝エルニーニョ(神の子)〟元スペイン代表FWフェルナンドトーレス氏(37)の現役復帰宣言は冗談だったようだ。

 トーレス氏は、25日に自身のインスタグラムで、背番号9のユニホーム写真とともに「人生を理解する方法は一つしかない。それはプレーすることだ。そのために復帰すると決めた。今週の金曜日(28日)に発表する」とつづった。そのため、ネット上では「ヤバい、マジ楽しみ」「まだ現役としてやり足りないのかな」などの声が聞かれていた。

 ところが、28日に自身のインスタグラムで「今日はみんなにとって素晴らしい日であり、遊びが人生にとって、特に小さな子供たちにとって、いかに重要であるかを示したいと思う。いつまでも遊ぶことをやめないで」などと投稿し、スペインのおもちゃ専門店の広告塔になったことを明かした。

 これらの行動に対して、スペイン紙「アス」は「『ああ、なんて残念なことだろう…サッカー場でまた会える日を考えていた』などのメッセージがあった。間違いなく、フォロワーの混乱から判断すると、完全に成功した広告キャンペーンです」と伝えている。

関連タグ: