なでしこ熊谷 来季からバイエルンでプレー「CLに勝ちたい!」

2021年05月12日 18時56分

熊谷紗希

 バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)は12日、なでしこジャパンのDF熊谷紗希(30)を来季からの2年契約で獲得したと発表。熊谷は4月20日に自身のインスタグラムで2013年から在籍していたリヨン(フランス)を今季限りで退団すると表明し、去就が注目されていた。

 クラブ公式ホームページを通じて熊谷は「バイエルン・ミュンヘンでプレーすることをとてもうれしく思うし、とても楽しみにしています。新しい挑戦を探していた中、昨年の女子チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でバイエルンと対戦したとき、組織力のあるとても良いチームであることに気づき、自分の興味を刺激しました」とコメント。

 その上で「バイエルンでCLに勝ちたい!」と目標を掲げた。そんな新加入選手にチームの期待は大きい。イェンス・シューアー監督は「紗希は経験豊富だし、プレー面も安定している。そしてサッカーへ取り組む姿勢も間違いなくチームにプラスとなる」と絶賛した。

 熊谷は2013年に加入したリヨンで主力として数々のタイトル獲得に貢献。昨季は史上初の女子CL5連覇と7度目の優勝に導き、20年の国際サッカー連盟(FIFA)の女子世界最優秀選手賞候補にも挙がった。また、なでしこジャパンの一員としては、11年ドイツ女子W杯優勝、12年ロンドン五輪銀メダル、15年カナダ女子W杯準優勝などに貢献。現在はなでしこジャパンの主将を務める。

関連タグ: