元日本代表MF松井大輔がコロナワクチン接種で「痛み、頭痛、怠さ」を報告

2021年05月11日 08時04分

松井大輔

 ベトナム1部サイゴンの元日本代表MF松井大輔(40)が自身のインスタグラムを更新し、新型コロナウイルスのワクチン接種と、その後の状態を明かしている。

 松井は8日にインスタグラムで自身がワクチン接種されるシーンなどを公開し「コロナ ワクチン 打ちました。アストラゼネカ 1回目。また症状や経過観察報告しますね」と記すと、9日に「ワクチン打ってから24時間経ちました。昨日の夜中に寒気がきて熱が上がりました。体全体に痛み、頭痛、怠さ、これはキツイですね。朝になってちょっと落ち着きました。滅多に熱を出さない自分としては参りましたね。みなさん参考までに」と報告している。

 10日には「ワクチン落ち着きました。左側の筋肉達がちょっと変ですが、今日は筋トレ入れたんで麻痺って丁度いい感じです」と書き込み、ダナンの海辺のカフェでくつろぐ動画とともに現状について伝えている。

関連タグ: