パルチザン退団の浅野がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で合意 現地メディア報道

2021年05月10日 13時19分

浅野拓磨

 セルビア1部パルチザンを退団した日本代表FW浅野拓磨(26)がトルコ1部トラブゾンスポルと2年契約で契約で合意したと、トルコメディア「Karadeniz」が報じた。

 同メディアによると、パルチザンの浅野は2日更新のインスタグラムで「度重なる給与の未払、またはそれに対する不誠実な対応」を理由に同クラブを退団をしたことを発表後、トルコに滞在しており、トラブゾンスポルと2年契約で合意に達したという。

 浅野は2016年にJ1広島からイングランド・プレミアリーグのアーセナルからドイツ2部だったシュツットガルト、ハノーバーを経て19年にパルチザン入団。今季は18ゴールをマークするなどゴールを量産し、今オフのステップアップがささやかれていたが、強引な手法で新天地入りを果たすことになりそうだ。

 ただ、パルチザン側はトラブゾンスポルに警告を発していると同メディアは伝えている。「これは根拠のない退団、契約違反だ。FIFA(国際サッカー連盟)に提訴する」として徹底抗戦の構えを見せており、裁定の動向を含めて、今後の動向が注目される。

関連タグ: