【8日の欧州サッカー】サンプドリア・吉田麻也はインテル戦出場も大敗

2021年05月09日 14時21分

インテル戦に出場した吉田(ロイター)

【イタリア】サンプドリアのDF吉田麻也(32)は敵地での王者インテル戦に後半から途中出場したが1─5の大敗を喫した。インテルは先週末、11年ぶりのリーグ優勝が確定した。ボローニャのDF冨安健洋(22)はウディネーゼ戦にフル出場し、1─1と引き分けた。

【イングランド】サウサンプトンのMF南野拓実(26)はアウェーでのリバプール戦では、同クラブからの期限付き移籍中の規定によりベンチから外れた。チームは0―2で敗れた。

【スペイン】ウエスカのFW岡崎慎司(35)はアウェーのカディス戦に後半40分から途中出場したが無得点で、チームは1―2と敗れた。

【ドイツ】ブレーメンのFW大迫勇也(30)はレーバークーゼン戦に後半12分から出場したが無得点で、チームは0―0と引き分けた。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太(23)はボルフスブルク戦で後半開始から出場したが無得点で、チームは0―3で敗れた。

関連タグ: