CL敗退のパリSG2大エースの去就にレオナルドSDの答えは?

2021年05月05日 15時13分

レオナルド氏

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝(4日=日本時間5日)で敗退した昨季準優勝のフランス1部パリ・サンジェルマンの2大エースの去就が注目されている。

 所属するブラジル代表FWネイマール(29)とフランス代表FWキリアン・エムバペ(22)はクラブから契約延長オファーに応じれおらず、今夏の移籍がささやかれている。これまでパリSGのレオナルド・スポーツディレクター(SD=51)は2人の動向に「私は楽観視している」とコメントしてきたが、敗退を機に状況が動き出す可能性も出ている。

 スペイン紙「スポルト」も「(監督のマウリシオ)ポッチェッティーノ(49)が率いるチームの2つ星がいつ更新されるか。ブラジル人とフランス人と契約にサインする準備ができていると何度も述べられているという事実にもかかわらず、まだ発表はない」と伝えている。

 さらに同紙によると、この件に、レオナルドSDは準決勝後に「正直なところ、今日はネイマールとエムバペの将来について話したり、彼らについて発表したりする日ではありません」とし、2人の今後に明確な返答をしなかったという。

 シーズン終盤を迎えて来季去就がはっきりしない中、名門パリSGは2大エースを残留させることができるだろうか。

関連タグ: