バルセロナのメッシがコロナ規則違反? 逆転優勝に向けてバーベキューパーティー開催

2021年05月04日 12時29分

バレンシア戦で逆転勝利に導いたメッシ(ロイター)

 スペイン1部バルセロナのイレブンらがエースのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の自宅に集合し、バーベキューパーティーを開催したことに波紋が広がっている。

 リーグ3位のバルセロナは勝ち点差2で追う首位アトレチコ・マドリードと8日に対戦する。勝てば逆転でのリーグ制覇に大きく近づくが、各メディアによると、2日のバレンシア戦に3―2で勝利した翌日(3日)に選手たちとその家族、チームスタッフたちがメッシ宅に集まり、決起集会を開催したという。

 ただ、バルセロナのあるカタルーニャ州では新型コロナウイスの感染拡大を防ぐため、6人以上が集まることを制限している。そこでスペイン紙「アス」は、メッシ宅で開催されたバーべキューパーティーが規則違反に当たる可能性を指摘。その上で「確認するためクラブに問い合わせた」という。

 同紙は「クラブはチームがバブルを形成し、シウタ・エスポルティーバ(チームの練習場)で毎日一緒に食事をし、ソーシャルディスタンスを保つことを常に尊重していたことを保証した」と報じ、規則違反に当たらないとした。

 スペインリーグは残り4試合。メッシ主催の食事会で結束力を高めたバルセロナは逆転優勝に向け、チーム一丸となって突き進むはずだ。

関連タグ: