アーセナル買収にSpotifyが2700億円を提示へ サポーターも大歓迎

2021年04月27日 18時18分

アーセナル現オーナーの退陣を求めるサポーターたち(ロイター)

 イングランド・プレミアリーグのアーセナル買収に乗り出している音楽ストリーミングサービス「Spotify」の最高経営責任者(CEO)のダニエル・エク氏が18億ポンド(約2700億円)で買収提案を発表すると、英メディア「ITV」が報じた。

 アーセナルファンのエク氏は、クラブOBで元フランス代表FWティエリ・アンリ氏(43)、同MFパトリック・ビエラ氏(44)、元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏(51)の3人と協力し、クラブ買収への動きを活発化させる中、近日中にも正式に提案を申し入れるという。

 同メディアによると「ロンドン北部のクラブに18億ポンドの買収の試みがまもなく発表される可能性がある。この動きは、会議室でアーセナルの〝DNA〟とサッカーの経験を増やすことを求めているアーセナルのサポーターによって歓迎されている」という。

 アーセナルはサッカー界を揺るがした欧州スーパーリーグ創設(ESL)に合意した12クラブの一つで、後に離脱を表明したものの、成績不振もあってサポーターが猛反発。オーナーや現経営陣の退陣を求めて抗議デモが行われるなど、対立が深刻化している。

 そこでSpotifyのCEOがアーセナルの買収に乗り出しているわけだが、オーナー一族のジョシュ・クロエンケ氏は「売却するつもりはないので、その質問には答えたくありません」とコメントしており、今後の動向が注目されそうだ。

関連タグ: