〝韓国の至宝〟MF李康仁が干された…日韓戦以降はバレンシアで出場機会なし

2021年04月19日 17時36分

バレンシアの韓国代表MF李康仁(ロイター)
バレンシアの韓国代表MF李康仁(ロイター)

 スペイン1部バレンシアの韓国代表MF李康仁(イ・ガンイン=20)が、3月に行われた日韓戦をキッカケにチームで干されている。

 韓国メディア「OSEN」は「李はパウロ・ベント監督率いる韓国代表チームに招集され、日本との親善試合で前半45分をプレーした後、試合に出ていない」と日韓戦以降はクラブで出場機会を失っている現状を報じた。

「李は以前は確実に先発メンバーに含まれていた。しかし最近、グラシア監督のもとで出場機会をつかめずにいる」という同メディアはその原因として「李はバレンシアと契約(延長)をしたがらない。その胸の内を100%理解できる」と指摘。バレンシアとの契約は2022年夏まで残っているが、李は退団を希望。そこで指揮官が今後を見据えて退団が予想される李を起用しなくなったとの見立てだ。

 一方で、グラシア監督は「チームが必要なときにプレーできるように最高のコンディションを維持できるように務めてほしい」「李はまだ若く、トレーニングで良い姿を見せた選手たちがいる」などと語っており、単に李の実力不足を指摘する声も。代表活動期間中にクラブで調整していた選手たちのアピールが成功して登用されているというわけだ。

 韓国の至宝が窮地に追い込まれている。

関連タグ:

ピックアップ