イニエスタ クラシコを前に古巣のキーマンを挙げる

2021年04月10日 14時30分

イニエスタ
イニエスタ

 J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)が、古巣のスペイン1部バルセロナと同1部レアル・マドリードが激突するクラシコ(10日=日本時間11日)を控え、古巣のキーマンを指名した。

 リーグ公式ツイッターでイニエスタは「非常に重要な選手は3人。1人目はMFセルジオ・ブスケツ。フィールドの中心に欠かせない。それにDFジョルディ・アルバは、シーズンを通してそうであるように重要になるでしょう。そして決定的な選手であるFWリオネル・メッシ。この大一番でも決定的な存在であるのは間違いない」とコメントした。

 今季は昨年10月24日にホームのクラシコで敗れている。イニエスタは、バルセロナ時代にともにプレーした盟友の活躍を願い、ライバルからの勝利を期待した。

 自身は昨年12月に負った右大腿直筋近位部腱断裂の負傷から9日に全体練習へ合流。まだ復帰時期は未定だが、日本から観戦するクラシコを刺激に、再び華麗なプレーを見せてくれる日も近そうだ。

関連タグ: