【欧州リーグ】マンUが先勝で4強入りに前進 アーセナルは勝利目前の被弾で痛恨ドロー

2021年04月09日 08時18分

マンUのラッシュフォードが躍動した(ロイター)

 欧州リーグ(EL)準々決勝第1戦が8日(日本時間9日)に各地で行われ、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)が敵地でグラナダ(スペイン)に2―0で先勝した。前半31分にFWマーカス・ラッシュフォード(23)のゴールで先制し、試合終了間際にPKで加点。5大会ぶりの優勝に向けて大きく前進した。

 ローマ(イタリア)は敵地でアヤックス(オランダ)に2―1で逆転勝ち。前半39分に先制を許したが、後半12分にMFロレンツォ・ペッレグリーニ(24)のシュートがGKのファンブルでゴールに入る幸運で追いつくと、42分にCKからの流れでDFロジェール・イバニェス(22)のボレー弾で試合をひっくり返した。アヤックスは1点リードの後半8分、ドゥシャン・タディッチ(32)のPK失敗が響いた。

 ビリャレアル(スペイン)も敵地でディナモ・ザグレブ(クロアチア)に1―0で先勝。前半44分のFWジェラール・モレノ(29)のPK弾を守り切った。アーセナル(イングランド)はホームでスラビア・プラハ(チェコ)と1―1で痛恨の引き分け。後半41分に先制したが、アディショナルタイム4分にCKから被弾し、アウェーゴールを献上した。

 第2戦は15日(同16日)に行われる。

関連タグ: