7年ぶりの優勝狙うAマドリードに衝撃 19得点のスアレスが負傷離脱

2021年04月08日 12時23分

左脚を傷めたスアレス(ロイター)

 スペイン1部アトレチコ・マドリードは7日、所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレス(34)が左脚の筋肉を傷めたと公式ホームページで発表した。

 今季に同1部バルセロナから加入したスアレスは、ここまで得点ランキング2位となる19得点を挙げるなど、攻撃の要としてリーグ首位に立つAマドリードをけん引してきた。地元メディアによると、復帰まで最低でも3週間と見込まれており、少なくとも3試合の欠場が確実となった。

 2013―14年シーズン以来のリーグ制覇を狙う首位Aマドリードにとってエースの離脱は大打撃となる。勝ち点66ながら、2位バルセロナは同65、3位レアル・マドリードは同63と僅差に迫っており、リーグ終盤戦を迎える中、厳しい状況に追い込まれたといえる。

関連タグ: