パリSG指揮官がエムバペの〝秘密〟を告白

2021年04月06日 19時37分

エムバペの秘密とは…(ロイター)

 フランス1部パリ・サンジェルマンのマウリッシオ・ポッチェティーノ監督(49)が同国代表FWキリアン・エムバペ(22)の意外な〝秘密〟を明かした。

 スペインメディア「デフェンサセントラル」によると、ポッチェティーノ監督はエムバペについて「私は彼にフランス語で話そうとしますが、彼はロッカールームで英語またはスペイン語で私に話しかけます。(ブラジル代表FW)ネイマール(29)と同じように」と語ったという。

 指揮官はアルゼンチンの出身で母国語はスペイン語。そこで幼少期からスペイン語を勉強していると報じられているエムバペは親愛を込めてスペイン語で話しかけているようだ。だが、エムバペは今夏のスペイン1部レアル・マドリード移籍がささやかれており、同メディアが「ほとんど意図せずに告白した」と伝えたように、臆測を加速させる〝発言〟だったといえる。

 さらに指揮官は今夏の去就が微妙なエムバぺとの関係についても言及し「私は彼に愛情を感じています。彼がここ(パリSG)で何年も続くことを願っています。そして私はこれを利己的な手段として言っているのではなく、クラブとパリの良さからだ。それにクラブが素晴らしいことを成し遂げるのを助けることができる」と説明したと伝えている。


 フランス1部パリ・サンジェルマンのマウリッシオ・ポッチェティーノ監督(49)が同国代表FWキリアン・エムバペ(22)の意外な〝秘密〟を明かした。

 スペインメディア「デフェンサセントラル」によると、ポッチェティーノ監督はエムバペについて「私は彼にフランス語で話そうとしますが、彼はロッカールームで英語またはスペイン語で私に話しかけます。(ブラジル代表FW)ネイマール(29)と同じように」と語ったという。

 指揮官はアルゼンチンの出身で母国語はスペイン語。そこで幼少期からスペイン語を勉強していると報じられているエムバペは信愛を込めてスペイン語で話しかけているようだ。だが、エムバペは今夏のスペイン1部レアル・マドリード移籍がささやかれており、同メディアが「ほとんど意図せずに告白した」と伝えたように、憶測を加速させる〝発言〟だったといえる。

 さらに指揮官は今夏の去就が微妙なエムバぺとの関係についても言及し「私は彼に愛情を感じています。彼がここ(パリSG)で何年も続くことを願っています。そして私はこれを利己的な手段として言っているのではなく、クラブとパリの良さからだ。それにクラブが素晴らしいことを成し遂げるのを助けることができる」と説明したと伝えている。

【関連記事】

関連タグ: