ドイツがW杯欧州予選で北マケドニアに敗戦 W杯予選で01年以来の黒星

2021年04月01日 08時57分

決勝点を挙げ喜ぶ北マケドニア代表(ロイター)

 カタールW杯欧州予選が31日(日本時間1日)に各地で行われ、J組のドイツがはホームで格下の北マケドニアに1―2で敗れるまさかの大波乱となった。

 ここまで2連勝のドイツは前半アディショナルタイムに先制を許し、後半18分に同点に追い付くも40分に失点し、敗戦。W杯予選でドイツが負けるのは2001年9月以来、36試合ぶりでグループ3位に後退した。北マケドニアは2連勝で2位。ルーマニアを3―2で破ったアルメニアが3連勝でグループ首位に浮上した。

 C組のイタリアはリトアニアに2―0で勝ち、3連勝。D組ではロシアW杯王者のフランスがFWアントワヌ・グリーズマン(30=バルセロナ)の決勝ゴールでボスニア・ヘルツェゴビナを1―0で退けた。I組のイングランドはポーランドに2―1、B組のスペインはコソボに3―1で勝利した。

関連タグ: