C・ロナウドが投げ捨てたキャプテンマークがオークションに 難病の男児の支援金に

2021年03月31日 13時56分

セルビア戦でC・ロナウド(奥)は誤審に泣いた(ロイター)

 ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(36=ユベントス)が27日のカタールW杯欧州予選セルビア戦で投げつけたキャプテンマークが30日、オークションにかけられた。

 欧州各メディアによると、同戦の試合終了間際にC・ロナウドが、決勝ゴールを決めたかに見えたが、主審の判定はノーゴール。これに激高した主将のC・ロナウドは、ピッチにキャプテンマークをたたきつけ、そのままロッカーに戻るなど、その態度は国内外で批判を浴びているという。

 だが、そのキャプテンマークを確保したスタジアムスタッフが地元の慈善団体に寄付。脊髄性筋萎縮症を患った生後6か月の男児を救うため、チャリティーオークションにかけられることになった。30日から3日間の予定で入札が行われている。

関連タグ: