スクデット獲得の大ピンチ?インテルでコロナ感染2人 濃厚接触7人にはFWルカクも

2021年03月18日 21時15分

 イタリア1部インテルは17日、元スロバキア代表GKサミル・ハンダノビッチ(36)が新型コロナウイルスで陽性反応を示したと発表した。すでにイタリア代表DFダニーロ・ダンブロージオ(32)も陽性者となっていり、感染拡大が懸念されている。

 イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、2人の陽性者が出たことことで「インテルは7人のファーストチームの選手が危険にさらされていることを恐れている」と指摘。感染した2人と14日に同じバスに乗っていた主力の7人が濃厚接触者になっていると伝えている。

 同紙によると、7人の中には、今季19得点をマークしているエースのベルギー代表FWロメル・ルカク(27)と14得点のアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)も含まれてているという。今後の検査次第ではあるものの、感染者が増える可能性もありそうだ。

 インテルはここまで勝ち点56で2位ACミランと9ポイント差、3位ユベントスと10ポイント差の首位に立っている。同紙は、22日から国際Aマッチウイークとなるため〝被害〟は最小限になると見込んでいるが、今後、チーム内に感染が拡大すれば、スクデット(優勝)獲得に向けて大きな影響が出てくるはずだ。

関連タグ: