香川がPAOK移籍後最長プレー 連係の高まりをアピール

2021年02月22日 11時00分

香川真司

 ギリシャ1部PAOKの元日本代表MF香川真司(31)が21日に行われたラミア戦で途中出場し、4―0の勝利に貢献した。3―0で迎えた後半16分にMFアムル・ワルダ(27)に代わって出場。周囲の選手と落ち着いてボールを回しながら攻撃のリズムをつくり、スムーズにポジションチェンジする場面も見られるなど連係の高まりをアピールした。

 待望のゴールこそならなかったが、移籍後最長となる29分間プレーしてコンディションの上昇を印象付けた。次戦は27日の6位トリポリス戦。シーズン最終盤へ向けて、香川もチームも上り調子で臨めそうだ。

関連タグ: