時は来た! 香川起用大幅増の方針 PAOK指揮官が〝全開指令〟

2021年02月21日 21時20分

香川真司

 ギリシャ1部PAOKの元日本代表MF香川真司(31)の起用が大幅に増える見込みとなった。

 パブロ・ガルシア監督(43)は香川が加入前に長期間、実戦から離れていたことを考慮して、ケガのリスクを回避しつつ徐々に試合勘を取り戻させるべく出場時間を限定して慎重に起用してきた。

 そうした中、ギリシャ紙「メトロスポーツ」は「準備ができた香川の起用を大幅に強化する」と香川のコンディションが上がってきたため、今後は出場時間を増やしていく方針が指揮官をはじめとしたスタッフの間で共有されたと報じた。

「試合を見渡せる選手として、香川のような非常に重要な選手の存在を活性化させる可能性が考えられている。ガルシア監督は特に経験豊富な日本人選手を高く評価しており、より深くプレーできる方針を示している」と指揮官はシーズン終盤に香川を積極的に起用し、チームの切り札として期待しているのだ。

 日本の元10番がいよいよエンジン全開なるか注目が集まる。

関連タグ: