パリSG・FWエムバペはいつ移籍? カギ握る前所属モナコの〝密約〟

2021年02月21日 16時02分

エムバペの移籍はいつになるのか(ロイター)

 今夏の移籍市場の目玉となっているフランス1部パリ・サンジェルマン(PSG)の同国代表FWキリアン・エムバペ(22)の去就は〝秘密条項〟が左右しそうだ。

 スペイン1部レアル・マドリードなどを中心にシ烈な争奪戦が展開されているエムバペだが、去就に関わる密約が明らかになった。フランス紙「レキップ」は「PSGとモナコは1億8000万ユーロ(約228億円)で譲渡契約を締結したが、まだ3500万ユーロ(約44億4000万円)の支払いが残っている。その理由はエムバペが契約を更新した場合か、または彼が契約満了前に移籍した場合に支払わなければならない条項だからだ。エムバペがフリーで移籍した場合は3500万ユーロの支払いは免除される」と報じた。

 PSGはモナコからエムバペを獲得する際に移籍金にオプションを付けていたが、来夏の契約満了時にフリーで移籍した場合に支払う必要がなくなるというわけだ。これは来夏のフリーでの退団を後押しする要素になり得るというわけだ。

 だがそれよりも、満額で移籍金が発生する最後のタイミングである今夏に放出すれば250億円前後の移籍金が見込めるだけに、PSGにとっては今夏が最高の売り時とも言える。

 最も負担が大きいのは、現在PSGが要請している契約延長の場合だ。モナコに3500万ユーロを支払ううえに、Rマドリード専門メディア「デフェンサセントラル」によるとエムバペは新契約で年俸3700万ユーロ(約47億円)を要求するとみられており、巨額の支出を強いられてしまう。

 モナコとの秘密条項が、PSGの判断にどのように影響するのか注目が集まる。

関連タグ: