マルセイユDF長友佑都が移籍後初アシスト 酒井宏樹はキャリア初の一発退場

2021年02月21日 11時51分

長友佑都

〈20日の欧州日本人選手結果〉

【フランス】マルセイユの日本代表DF長友佑都(34)は敵地のナント戦で後半45分までプレーし、同24分に、移籍後初アシストをマークした。試合は1―1で引き分け。同僚のDF酒井宏樹(30)も先発したが、後半アディショナルタイム4分に高くはねたボールのクリアを試みた際に相手選手の頭を蹴ってしまい、危険なプレーと判断されて自身初の一発退場となった。

【ドイツ】シュツットガルトの日本代表MF遠藤航(28)は敵地のケルン戦にフル出場。試合は1―0で勝った。ウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太(23)は1―0で勝った敵地のフライブルク戦の後半31分から出場した。

【イタリア】ボローニャの日本代表DF冨安健洋(22)は敵地のサッスオロ戦にフル出場。最初は右サイドバックだったが、前半30分の味方DFの一発退場で左サイドバックにポジションを変えた。試合は1―1で引き分けた。サンプドリアの同DF吉田麻也(32)は敵地のラツィオ戦に先発したが、前半のみで交代。試合は0―1で敗れた。

【オランダ】ズウォレのMF中山雄太(24)は敵地のエメン戦で1―3の後半43分に今季2ゴール目を決めた。試合は2―3で敗れた。AZアルクマールのDF菅原由勢(20)は敵地のVVVフェンロ戦にフル出場。試合は4―1で快勝した。

【スペイン】エイバルのFW武藤嘉紀(28)とMF乾貴士(32)は敵地のエルチェ戦にそれぞれ後半12分、30分から出場。試合は0―1で敗れた。

【ベルギー】シャルルロワのMF森岡亮太(29)は1―1で引き分けた敵地のワースランドベベレン戦で先発したが、前半のみで交代した。

【ポルトガル】サンタクララのMF守田英正(25)は敵地でMF藤本寛也(21)のジルビセンテ戦にフル出場。試合は0―1で敗れた。藤本は後半28分から出場した。DF安西幸輝(25)とGK中村航輔(25)が所属するポルティモネンセは敵地でスポルティングに0―2で敗戦。安西は後半40分までプレー。中村はベンチ入りしたが出番はなかった。

関連タグ: