【欧州リーグ】決勝T1回戦 マンUはRソシエダードに4―0圧勝、ミランはドロー

2021年02月19日 08時27分

圧勝を喜ぶマンUイレブン(ロイター)

 欧州リーグ(EL)決勝トーナメント1回戦第1戦(18日=日本時間19日)が各地で行われ、日本代表MF久保建英(19)が昨年まで所属していたビリャレアル(スペイン)は敵地でザルツブルク(オーストリア)に2―0で快勝した。1月にヘタフェ(スペイン)に移籍した久保はビリャレアル時代にEL1次リーグ全5試合(1試合は中止)にスタメン出場し、1得点をマークしていた。

 ACミラン(イタリア)は敵地のレッドスター・ベオグラード(セルビア)戦にエースFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)を温存し2―2のドロー。マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はアウェーでレアル・ソシエダード(スペイン)に4―0で圧勝した。日本代表MF三好康児(23)のアントワープ(ベルギー)はホームでグラスゴー・レンジャーズ(スコットランド)に3―4で敗戦。三好は後半46分から出場した。

関連タグ: