【17日の欧州サッカー】酒井、長友フル出場のマルセイユは8試合ぶり勝利

2021年02月18日 11時03分

酒井宏樹

【フランス】日本代表DF長友佑都(34)と同DF酒井宏樹(30)の所属するマルセイユはホームでニースに3―2で競り勝った。1月6日に敵地でディジョンに勝利して以来、8試合ぶりの白星となった。酒井は右、長友は左のサイドバックでフル出場した。

【ベルギー】日本代表MF伊東純也(27)のゲンクはアウェーでオーステンデに1―3で逆転負けし、2連敗となった。伊東は後半33分までプレーした。

【スペイン】2部レガネスの日本代表MF柴崎岳(28)はホームのアルメリア戦に1―1の後半18分までプレーし、交代した。チームは2―1で競り勝った。

【イングランド】首位のマンチェスター・シティーは敵地でエバートンに3―1で勝利し、リーグ12連勝、公式戦17連勝を達成した。勝ち点を56に伸ばし、2位マンチェスター・ユナイテッドに10ポイント差をつけた。

関連タグ: