共演熱望のネイマール メッシに直接“電話勧誘”か

2021年02月17日 21時46分

ネイマールが電話勧誘か(ロイター)

 スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が、フランス1部パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(29)から電話勧誘を受けていた。

 今オフに契約が切れるメッシを巡っては、パリSGとイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが獲得へ本気モードとされる。そんな中、英紙「デーリー・ミラー」は、ネイマールから来季のフランス行きを呼び掛けられたと報じた。

 ネイマールは昨年12月に米メディア「ESPN」に「自分が何よりも望んでいるのは、メッシともう一度プレーして、もう一度メッシとのプレーを楽しみたい」と語っているだけに、フランスの首都が次の目的地であると熱心に語りかけたという。

 すでにネイマールにバルセロナ復帰願望はなく、今や残留が確実となっており、カタールメディアでは契約延長に合意と報じられたほど。それだけにメッシとプレーするためには、パリに来てもらうしかないわけだ。

 昨夏の退団騒動の渦中でもメッシはネイマールから電話で勧誘されたと報じられたが、2人が再び同じユニホームを着る日はやってくるのか。

関連タグ: