【欧州CL】リバプール敵地で2発快勝 国内リーグ〝白旗〟でクロップ監督はCLに照準

2021年02月17日 11時30分

先制点を決めたサラー(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦(16日=日本時間17日)、リバプール(イングランド)は敵地でライプチヒ(ドイツ)に2―0で快勝した。

 新型コロナウイルス禍による渡航制限のため、ハンガリー・ブタペストで行われた一戦は、後半8分にエースのFWモハメド・サラー(28)が相手ミスからゴールネットを揺らし、先制。続く13分にも敵DFのパスミスを奪ったFWサディオ・マネ(28)がGKとの1対1を冷静に決め、リードを広げた。

 ユルゲン・クロップ監督(53)は「BTスポーツ」に「私たちが望んでいた試合であり、必要としていた試合だった」とし「私はとても満足している」と語った。

 リバプールは年明けからイングランド・プレミアリーグで2勝1分け5敗と急失速。首位マンチェスター・シティーとの勝ち点差は「13」に開いた。昨季イングランド王者の指揮官は「もう追い付けないと思う」と白旗を挙げ、2季ぶりの欧州CL制覇に照準を定めている。

関連タグ: